妊娠線ケア

MENU

妊娠線ケアどうしてる?

妊娠線を作らないために、妊娠線ケアをしている方はたくさんいますよね?
あなたは、どんな妊娠線ケアをしていますか?

 

妊娠線ケアについて、色々と情報を集めてみました!
妊娠線ケアについて、あれこれ調べているなら、ぜひ一度当サイトをご覧下さい♪

 

妊娠線ケアってどうしてる?記事一覧

安定期に入ってくると、何だかお腹が空いて仕方がない!食欲があり過ぎてどんどん食べてしまう!赤ちゃんの分まで食べないと!と食欲が増して急激に体重増加してしまうことがあります。この時期は、つわりが落ち着いて体重増加しやすい時期でもあるんです。でも、この短期間の体重増加が妊娠線の原因となってしまうことがこともあります。よく赤ちゃんの分までごはんを食べないとということを言っている方がいらっしゃいますが、こ...

妊娠線のケアをするのに、クリームとオイルのどちらを選ぶでしょうか?オイルは伸びが良いのですが、保湿性がないのが難点に感じます。クリームは保湿性が良いのですが、ベタベタしてしまうのが難点に感じます。自分の肌の質によって、オイル・クリームを使い分けていくと良いでしょう。クリームで保湿をする前に、オイルでマッサージをするのも良い方法です。しかし、マッサージが面倒に感じる人も多く、妊娠線ケア専用のクリーム...

自分には妊娠線はできないと思っている人でも、お手入れを怠ると妊娠線ができてしまいます。妊娠線ができたとしても、産後にまとめてケアをしていくので大丈夫だと思っている人も増えてきているようです。最近では、できてしまった妊娠線のケアができる専用クリームが開発されているので、昔よりも妊娠線に対する抵抗はなくなってきているように感じます。もし、妊娠線ができてしまったとしても、妊娠線ケアをすることで、少しずつ...

妊娠中期の後半から後期にかけては、急にお腹が大きくなって皮膚が引っ張られるために、表皮の内側の組織がついていけず、亀裂が入ってしまうことがあります。これが妊娠線が出来るメカニズムです。体質や肌質によってできやすい人もいればできにくい人もいますが、一度できてしまうと完全に消すことは難しいので、できればできる前にしっかりと妊娠線予防しておくのが賢いと言えます。妊娠線予防クリームは?妊娠線予防のためのク...

ストレッチマークは、妊娠することでお腹が短期間のうちに大きくなり、皮膚がそれに追いつけずに内側の組織に亀裂が入ってしまう現象のことです。妊娠中にはお腹にできやすくなりますが、妊娠していなくても、急激に体重が増えたりサイズアップしたりすれば、お尻や太もも、膝の裏、またバスト部分などにストレッチマークができることもあります。ストレッチマークは皮膚の内側の組織の亀裂によって起こっている症状なので、一度で...

妊娠して喜んだのもつかの間、赤ちゃんがお腹にいる分少しずつお腹も大きくなってきますし、また体重も増えてきます。人によってはお腹に何か怪我でもしてしまったかのような亀裂が入ったようになってしまって、人知れず悩む人も少なくありません。この妊娠線は早めにケアをしていく事で、出来たとしても軽度で済みます。乾燥も原因の一つですから妊娠が分かったらなるべく早目に保湿クリームを利用して、毎日こまめにケアをしてい...

妊娠すると、色々な体の変化が表れ、お腹が大きくなるにつれて妊娠線が気になる方が多いことでしょう。お腹が大きくなってからではなく、お腹が大きくなりだす前からケアをすることで、お腹周りの皮膚が柔らかく伸びやすい状態になり、お腹の膨らみに対応できる皮膚になれるので、妊娠線ケアは早めのお手入れがポイントになります。妊娠線はお腹以外にもできる!?しっかりと保湿をしているつもりでも、お腹に痒みが出ると妊娠線が...

妊娠線の予防やケアを行っている方は、いつ頃からケアを開始しているでしょうか?「お腹がまだ大きくなっていないので、まだケアする必要はない・・・」と思っている方も多いのでは?妊娠線に気を付けないといけない時期がありますが、人によって妊娠線が出る場合と出ない場合があります。妊娠線に気を付けないといけない時期って?最初に気を付けないといけない時期は、妊娠4・5か月に入ることです。お腹の膨らみはそんなに目立...

妊娠線ケアは、お風呂上りが理想的というイメージがあります。これは、お風呂上りは皮膚に十分な保水ができている状態なので、後はクリームを塗ってしっかりと保湿をするだけになるからです。しかし、妊娠線ケアはお風呂上りだけ行っている方が多く、お風呂上り以外の時間は行っていない方も多いようです。お風呂上がりのケアだけでは、次の日まで保湿をすることができないので、自然に乾燥状態になり、妊娠線が作られてしまいます...