妊娠線ケアはお腹だけじゃダメ!

MENU

妊娠線ケアはお腹だけじゃダメ!

mamanic

妊娠すると、色々な体の変化が表れ、お腹が大きくなるにつれて妊娠線が気になる方が多いことでしょう。

 

お腹が大きくなってからではなく、お腹が大きくなりだす前からケアをすることで、お腹周りの皮膚が柔らかく伸びやすい状態になり、お腹の膨らみに対応できる皮膚になれるので、妊娠線ケアは早めのお手入れがポイントになります。

 

 

 

 

妊娠線はお腹以外にもできる!?

 

しっかりと保湿をしているつもりでも、お腹に痒みが出ると妊娠線ができてしまっていることがあるので、お手入れは小まめにできる環境を作っておくとよいですね。

 

妊娠線は下腹部にできる方が多く、お手入れは下腹部だけ集中して行う場合が多いと思いますが、実は、お腹だけではNGな場合もあるのです。

 

赤ちゃんが大きく成長すると、お腹はもちろんのこと骨盤も少しずつ開いていき、お尻やバスト付近も膨らんでいきます。

 

mamanic

人によっては足の付け根や太ももにも表れる場合があるので、妊娠線ケアは人によって大きく差が出るものなのです。

 

体重管理がきちんとできている方は、下腹部を中心にお腹全体やヒップにかけてのお手入れで十分だと思いますが、体重管理が上手くできず体重が増加傾向にある方は、バストやヒップ、足の付け根や太ももなどもお手入れを行っていくべきでしょう

 

妊娠線は気が付いた時にもうできてしまっている場合が多いので、早め早めのお手入れやケアを行っていくべきなのです。

 

妊娠線ケアには専用クリームがおすすめ!

 

しっかりとお手入れを行っていくには、専用の妊娠線クリームを愛用した方がよさそうです。

 

市販の保湿クリームは、手軽に手に入って便利で良いと思われがちですが、保湿力や浸透力など、妊婦に対応していない商品が多く、長時間の保湿ができない物が多いです。

 

妊娠線を購入するのであれば、市販のものではなく通販で購入する方がおすすめです。

 

通販の商品を見てみると、妊娠線の予防・ケアや、産後の妊娠線ケアができるクリームなどもあるので、もう諦めていたという方にもおすすめすることができ、とても魅力的に感じます。

 

妊娠線をケアする場合は、お腹だけではなく、お腹からヒップにかけてクリームを塗り、必要に応じてバスト付近や足の付け根、太ももなどもお手入れをしていきましょう。

 

妊婦の体重管理は簡単なようで難しいものです。
毎日の積み重ねが表れてくるもので、妊娠線ケアも毎日の積み重ねなのです。

 

しっかりとケアをしていきたい方は、広い範囲でのお手入れを行っていきましょう!
また、自分が続けやすい妊娠線クリームを選ぶことも大切なことですね!

 

 

関連ページ

妊娠線ケアには体重管理が重要!
妊娠線ケアには、体重管理が重要です!赤ちゃんの分まで食べないとは昔の話ですので、勘違いしないようにして下さい。
妊娠線ケアにはクリームとオイルどっちがおすすめ?
妊娠線ケアの代表的なグッズに、クリームとオイルがありますが、どちらがおすすめなのでしょう?
妊娠線は気にしない!妊娠線を薄くする方法とは?
妊娠線ができてしまったからといって諦めないで下さい!妊娠線は薄くすることができるのです♪
妊娠線予防にニベアは効果あり?
誰もが知っている青い缶のニベアですが、ニベアは妊娠線予防にも効果があるのでしょうか?
ストレッチマークを消すならこの方法!
できてしまったストレッチマーク!ストレッチマークを消すならこの方法がおすすめです!
アットノンが妊娠線に効果的!?
宣伝で見かけるアットノン!もしかして妊娠線にも効果が期待できるのでは?
妊娠線に一番気をつけないといけない時期は?
妻のお腹に妊娠線ができてししまった!そんな時、夫の僕にできる3つの秘策をご紹介します!
妊娠線ケアをするならお風呂あがりが理想的?
妻のお腹に妊娠線ができてししまった!そんな時、夫の僕にできる3つの秘策をご紹介します!