妊娠線ができやすいのはどんな人?

MENU

妊娠線ができやすいのはどんな人?

mamanic

妊娠すると、体に色々な変化が現れてきます。

その変化の一つに、妊娠線ができて悩みを抱える女性も多いことでしょう。

 

出産の度に異なり、1人目が大丈夫であっても、2人目の時にできてしまったというケースも多く、ケアしているつもりでも妊娠線ができてしまう場合もあるのです。

 

 

 

妊娠線ケアは意味がない?

 

実は、妊娠線できやすい人とできにくい人がいるので、妊娠線ができやすい人・できにくい人の違いを見ていきましょう。

 

妊娠線は、胎児の成長が進むにつれてお腹の皮膚が伸び、伸びが耐え切れずに避けてしまった線を言います。

 

妊娠線ができやすい人は、皮膚が冷えていて伸びにくい方や、痩せている方も妊娠線ができやすいです。

 

また、安定期に入り、食欲が出て過ごしやすい時に、食べ過ぎてしまい体重が増加してしまったという方も、妊娠線ができやすい状態になります。

 

さらに、乾燥肌の方も、皮膚が伸びにくい傾向があり、2人目の妊娠も妊娠線ができやすいようです。

 

 

妊娠線ができにくい人はどんな人?

 

妊娠線ができにくい人の傾向を見てみると、個人差はありますが、体重増加の少ない妊婦さんは妊娠線ができにくいようです。

 

また、お腹のふくらみが少なく、妊娠線クリームを愛用している方も、妊娠線ができにくいようです。

 

妊娠線予防クリームを使用すると、皮膚が柔らかくなり感想を防ぐことができるので、伸びやすい皮膚を維持することができ、お腹のふくらみに対応することができます。

 

妊娠線予防クリームを使用すれば、絶対に妊娠線ができないというわけではなく、あくまでも出来にくいということなので、毎日のお手入れは欠かせなくなります。

 

mamanic

妊娠線クリームを使用していなくても、妊娠線ができない方もいますが、このような方は、柔軟性がある皮膚で、乾燥していない肌であると言えます。

 

妊娠線ができやすい方は、妊娠線予防クリームを活用するなどして、対策やケアをしていきましょう。

 

 

 

お腹の膨らみは人それぞれで、妊娠線も個人差がでますが、お手入れ次第ではしっかり予防することもできるので、あきらめずにお手入れをしていきましょう!

 

妊娠線ができやすい人とできにくい人は、肌の質・体重管理・お腹の膨らみ・妊娠線ケアを行っているかなどで差が大きく出てくるようです。

 

妊娠線を作らないためにも、早めのお手入れを開始していき、妊婦生活をエンジョイしていけると良いですね!

 

 

 

関連ページ

かゆくなってきたら妊娠線のサイン!?
お腹が大きくなってくるとお腹がかゆくなってくることがあります。これtって妊娠線のサインなのでしょうか?
経産婦は妊娠線ができやすいって本当!?
経産婦さんは妊娠線ができやすいって言われていますが、本当なのでしょうか?なぜ、経産婦ができやすいの?
妊娠線予防はいつからはじめると良いの?
妊娠線予防は、早ければ早いほど良いと言われていますが、いつからはじめると良いのでしょう?
妊娠線が産後にもできるって本当?
これから妊娠線ケアをはじめよう!っという方でも、あまり妊娠線について知らないという方も多くいらっしゃいます。妊娠線の疑問は当サイトで解決して下さいね♪