妊娠線予防 マッサージ

MENU

妊娠線予防のマッサージ方法をこれがおすすめ!

妊娠線予防にはいろいろな方法がありますが、その中でも簡単にできておすすめなのは、マッサージを習慣づけるという方法です。

 

妊娠線は、短期間のうちに皮膚が引っ張られることによって表皮の内側の真皮層や皮下脂肪などの組織に亀裂が入ってしまうという現象なので、妊娠していなくても基本的には急激に皮膚が引っ張られれば全身のどこにできることもあります。

 

妊娠中にはお腹が大きくなるのでお腹を中心に出来やすくなりますが、妊娠することで血液量が増え、お腹の中の赤ちゃんを守るために皮下脂肪なども増えるので、お尻や太ももなどもサイズアップし、そこに妊娠線が出来てしまうこともあります。

 

妊娠線予防のマッサージをする場合には、お腹だけではなくサイズアップしやすい部分すべてにしたほうが、より確実な予防策ですね。

 

妊娠線予防の方法をご紹介♪

妊娠線予防の方法ですが、まずは保湿効果のあるクリームやオイル、もしくは専用のものがおすすめです。

 

乾いている皮膚をいきなりゴシゴシこすっても、それは皮膚にとっては刺激となってしまうだけなのでマイナスですね。保湿成分が入ったクリームなどを使うことによって、肌との間に層を作ることができ、皮膚への刺激や負担を軽減できるだけでなく、マッサージすることで血行が良くなって体温も上がります。

 

毛穴も開くので、そこから保湿成分が肌の内側へと浸透してより大きな妊娠線予防効果が期待できます。

 

妊娠線予防のやり方は、あまり力を入れないように気をつけて、優しくなでるような感じで行うと良いでしょう。

 

力を入れてゴシゴシしなくても、優しくなでるだけで皮膚表面を刺激することができますし、血行促進効果があるので新陳代謝が活性化されます。それに、力を入れてゴシゴシするとお腹が張ったりするので気を付けましょう。

 

上下方向、お腹の周辺からおへそに向かってなど、自分なりにパターンやリズムを決めておくと、毎日のお手入れタイムが楽しくなりますよ。お腹以外にも、太ももやお尻、バスト、膝の裏などもお手入れしてあげてくださいね。

 

関連記事

関連ページ

妊娠線の予防に最も大切なのは保湿ケア!
妊娠線の予防で最も大切なのは、やっぱり保湿です!できる前に妊娠線をしっかり保湿ケアしましょう♪
早めに妊娠線対策とっとけば大丈夫かも!?
妊娠線対策は、早めにやっておけば、何だかできないような気がするのですが気のせい!?