妊娠線 予防 保湿ケア

MENU

妊娠線の予防に最も大切なのは保湿ケア!

妊娠線予防をする上で最も重要になるのは保湿ケアなのですが、なぜかというと妊娠中は肌が乾燥しやすいからです。

 

乾燥することが妊娠線にどうつながるのかというと、シワと同じ原理と考えれば分かりやすいでしょう。肌の内側の水分が少なくなると、肌を支えるコラーゲン線維にヒアルロン酸などが不足し、弾力を失います。

 

妊娠線はお腹が急激に大きくなるのに伴いコラーゲン線維が断裂しひび割れていく状態を指しますから、水分が不足してコラーゲンそのものが弱くなってしまうと妊娠線ができやすい状況に陥ってしまうのです。保湿をすれば肌の内側にコラーゲンを補給し、弾力を与えて皮膚の伸長を助けてくれますから妊娠線予防には保湿が必要不可欠なのです。

 

妊娠線予防クリームを選ぶポイント♪

妊娠線予防クリームを実際に見てみると、保湿成分を配合した物がたくさん販売されています。
ですがお腹の皮膚は皮下脂肪もあり非常に分厚いので、一般的なクリームや化粧品では保湿成分が浸透していきません。
そこで肌の中から保湿するシラノール誘導体や、肌の内側までしっかり保湿成分を届けてくれるビタミンC誘導体のさらに一方絵をいくビタミンC誘導体が配合されていることがポイントとなります。
保湿成分としてはコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドといった肌の弾力を支える成分を含んでいるといいでしょう。

 

このように、妊娠線予防には保湿が重要で、妊娠線予防クリームを選ぶときも配合成分をしっかりチェックしておきたいものです。

 

妊娠線は妊娠中期から後期にもっともできやすいので、早めに予防を始めるようにしましょう。

 

関連ページ

早めに妊娠線対策とっとけば大丈夫かも!?
妊娠線対策は、早めにやっておけば、何だかできないような気がするのですが気のせい!?
妊娠線予防のマッサージ方法をこれがおすすめ!
妊娠線予防はとっても大切です!妊娠線予防には、このマッサージ方法がおすすめです!